友利新開発メディスキン・キッズ

友利新開発メディスキン・ベビー
Global Top
News
Column
Shop list
Q&A
[Online Shop]
メニュー

メディスキンキッズ
Story

きっかけは成長した子供のために。
医師で2児の母でもある「友利 新」が本当に使いたいアイテムを開発!

メディスキンキッズ 誕生ストーリー

息子が2歳を迎えた頃、大人と同じ肌の厚みを持つと言われる2歳児以降のスキンケアを、 今一度見直したいと考えるようになりました。

子供の肌は、思春期まで乾燥をし続け、幼少期の保湿が、将来のニキビやアトピーなどを防ぎ、 その後の肌質を決めると言われています。 さらに、成長するにつれて日常生活で触れる食品添加物や化学成分も増えていき、 それらすべて排除することはできず、慣れていくことも必要になります。

そこで、医師の立場から必要な化学成分を見直し、 優しい洗浄→たっぷり保湿がしっかり行うことのできるアイテムの開発に1年取り組みました。

医師として、母親として、今できるすべての知識と愛情を注ぎ込んだ商品を、ぜひお試し頂ければ幸いです。

医師(内科・皮膚科)
日本内科学会会員/日本糖尿病学会会員/日本皮膚科学会会員

<プロフィール>
沖縄県宮古島出身。 東京女子医科大学卒業。同大学病院の内科勤務を経て皮膚科へ転科。現在、都内のクリニックに勤務の傍ら医師という立場から美容と健康を医療として追求し、美しく生きる為の啓蒙活動を雑誌・TV などで展開中。2004 年第36 回準ミス日本という経歴をもつ。
美と健康に関する著書も多数。2014 年に男の子を出産以降、ブログで紹介される子育てに関する情報は、子育て中のママたちより絶大な支持を得ている。

メディスキンキッズ
What’s skin Care

成長期の肌トラブルから「洗浄」と「保湿(バリア)」で子どもたちの笑顔をサポートする
それが「キッズ予防スキンケア」です。

メディスキンキッズ キッズ予防スキンケアとは

一般的に子供が成長して、肌の油分が多くなるは、思春期と言われています。

確かに2歳を過ぎると皮膚は厚くなり、一見丈夫に見えますが、思春期までは、非常に乾燥しています。

その状況に加え、子供が歩き始め、外で遊ぶようになると、沢山の汗をかき、肌は太陽の紫外線や空気の乾燥でダメージを受けることもしばしば。

だからこそ「洗浄」と「保湿(バリア)」の2つが必要不可欠なのです。

ヘアケアシリーズ 髪にも頭皮にも優しいノンシリコン

幼児期の髪は細く絡まりやすくなっています。また、頭皮は汗をかきやすく蒸れやすいですが、皮脂は少ないため水分保持能力が低く、乾燥しやすい特殊な環境となっています。ですので、不必要な汗や汚れはしっかり洗浄することが必要ですが、大切な 皮脂は残し、さらに必要な皮脂を補う必要があります。

そこでメディスキンキッズでは、最低限の界面活性剤で汚れを優しく洗浄し、 ラベンダーやツバキ種子油で皮脂を補うようにしています。

また、シリコンなどは幼児期に必要ないと考え、シャンプーだけでなく、国内では数少ないノンシリコンのコンディショナーを開発 しました。スクワランやシア脂、オリーブオイルなどをたっぷり配合する事で、ノンシリコンでも指通りの良いサラサラヘアーを 作ることができます。

メディスキンキッズ商品詳細を見る

ボディケアシリーズ 天然成分由来ヒト型セラミド配合

子供の肌は、1~2歳で大人とほぼ同じ厚さになり、トラブルも一見 少なくなってきます。しかし思春期になり、性ホルモンが分泌される までは皮脂腺からの皮脂分泌が極端に低く、常に乾燥との戦いが続いています。

そんな小児期の肌に 最も大切な成分が、「セラミド」です。 実は、家族にアレルギーを持ついわゆるアトピー素因の子供はセラミドが少ないということが論文で発表されています。

セラミドは「皮膚の水分を保持する」という役割があるので、セラミドが少ないと肌の水分を保てなくなり、肌がカサカサと乾燥したり、服が擦れたり、自分で掻いたりと刺激が加わり炎症を起こします。その結果、そこに花粉やダニまたはアレルギーを起こしやすい食べ物が触れることで更に皮膚が炎症し、アトピーや皮膚炎が悪化してしまうのです。 ですので 、幼児期に「セラミド」入りの保湿剤を使うことが大切です。

ボディケアシリーズ

ただ、セラミドには様々な種類があり、どのセラミドを選ぶかでその保湿力 には大きな差があります。代表的なものでは植物や動物の成分を化学的に 生成した天然セラミド、セラミドによく似た化学成分を合成した合成(擬似セ ラミド)、人間のセラミドに近い構造になるように、酵母の発酵技術で作られ たヒト型セラミドがあります。

天然セラミドは、天然成分を化学的に合成して作られたものなので、基本的に他のセラミドと安全性は変わりませんが、残念ながら他のセラミドと比べると保湿力は高くありません。

らに合成セラミドとヒト型セラミドには保湿力に大きな差があります。これ は浸透力の違いでヒト型セラミドの方が圧倒的に人間の肌に浸透しやすく、 保湿力が高いです。

そのためメディスキンキッズでは、セラミドの中でも保湿力 が高いヒト型セラミドを配合しています。そしてさらに子供達のお肌により安心な成分をと考え、ヒト型セラミドの中でも原料がヤシや大豆、トウモロコシなどの天然成分を原料とした「天然成分由来のヒト型セラミド」を採用しま した。

メディスキンキッズは常、に乾燥と戦っている子供達の肌を、科学的な エビデンスの基に、安心安全な原料で内側から守ります。

メディスキンキッズ商品詳細を見る

メディスキンキッズ
Commitement

医師として、母として
子ども達の肌を守るために 天然保湿成分にこだわりました。

メディスキンキッズ こだわりのママの愛情成分

メディスキンキッズは、子ども達にも天然成分と必要最低限の化学合成物質を効果的なバランスで配合しました。

ボディケアシリーズ

馬油

馬油は昔から火傷、肌荒れなどの肌トラブルや美容、マッサージにと幅広く活用されています。
それは、私たち人間のスキンケアに欠かせない「脂肪酸」の構成が、馬油と人間の皮脂は近いためです。
天然成分の馬油は、人の肌に馴染みやすく、保湿をして肌を優しく包み込んでくれます。
そのため、乾燥肌や敏感肌にはもちろん、どんな肌質の方にも安心してご使用いただけます。

ボディケアシリーズ

ビデンスピローサ

宮古島産のハーブ「ビデンスピローサ」には、ビタミンCやEに似た「抗酸化作用」があります。
「抗酸化作用」には、肌トラブルの原因でもある活性酸素の攻撃を防ぐ効果があり、
お子様の肌を外的から守ってくれます。

ページトップ