友利新開発メディスキン・ベビー

メニュー検索

How to

メディスキンベビーの使い方

3ステップで完了!ベビー予防スキンケア

すべての赤ちゃんは、肌が弱い・強いにかかわらず、産まれた直後から毎日行う「ベビー予防スキンケア」が大切。基本の3ステップで、赤ちゃんの健やかな肌を育みましょう。

赤ちゃんに大切な予防スキンケア赤ちゃんに大切な予防スキンケア

「ベビー予防スキンケア」とは?

Step1洗浄成分を極限までマイナスした
泡ソープで優しく洗う


1.ポンプを押して泡を手に取ります。2.泡をぽんぽんと肌に直接あてるようにそて赤ちゃんの肌に広げます。3.お湯でよく洗い流します。ガーゼやタオルは肌への刺激になってしまうので、使わなくても大丈夫。肌表面を手でこすらずに、泡の上からなでるように洗ってください。

メディスキンベビー ナチュラルベビーソープ 詳細を見る

Step2乳化剤フリーはやさしさの証
二層式ローションでうるおす


1.使用する直前に、ボトルをよく振ります。2.手のひらにたっぷりとり、お風呂上りに全身にまんべんなく塗ります。赤ちゃんの肌への負担を考えて、ローションの液体を均一な状態にする乳化剤は使っていません。ボトルをよく振ってお使いください。

メディスキンベビー ナチュラルベビーローション 詳細を見る

Step3うるおいにバームでフタをして
外的刺激から肌を守る


1.適量を手のひらにとり、よく擦りあわせて体温で温めて柔らかくします。2.両手で「おてあて」するように赤ちゃんの肌に塗ります。脂っぽいニキビがあるところは避けるか少量を薄く伸ばしましょう。よだれや離乳食で口の周りが荒れてしまったときにも使えますよ。

メディスキンベビー ナチュラルベビーバーム 詳細を見る

ページトップ

月齢別 使い方

乳幼児期の赤ちゃんの肌は月毎に変化しています。

赤ちゃんの皮脂分泌量は産まれた直後が最も多く、3ヵ月を過ぎたころから減っていき、全身が乾燥ぎみに。月齢に合わせたスキンケアがおすすめです。

皮脂量の多めな0ヶ月〜2ヶ月

ママから受け継いだホルモンバランスで皮脂の分泌量は多い。
頭皮・おでこ 脂っぽくベタベタ 頬・おなか 乾燥しやすくカサカサな状態

使い方のPoint

0~2ヵ月の赤ちゃんは、頭皮はベタベタ、頬・体はカサカサで、部位によって状態が異なります。ベタベタした部分には、バームの使用を避け、それ以外は基本の3ステップでお手入れを。

皮脂量の少なくなる3ヶ月〜

皮脂の分泌量が減り、ドライスキンに。
全身 乾燥しやすくカサカサの状態

使い方のPoint

3ヵ月以降の赤ちゃんは、全身カサカサの状態になりがち。
基本の3ステップで、毎日しっかりとスキンケアをしましょう。

ページトップ