友利新開発メディスキン
友利新開発メディスキン・ベビー
友利新開発メディスキン・キッズ
Online Shop
メニュー
 
こんなカレーがほしかった! 友利新監修『くせになるこだわりの「スパイス&オイルカレー」』

医師、そして母としてのこだわりと愛情を
たっぷり詰め込んだカレーフレークです。

くせになるこだわりの
「スパイス&オイルカレー」

医師として、母として、もっと安心して食べさせられるメニューにしたいと思い、油に徹底的にこだわったカレーフレークを開発しました。

子供たちの食生活を整え、アレルギーや皮膚疾患発症のリスクを抑える、こだわりのカレーです。

  • 19種のスパイスと有機植物油脂を使用
  • 化学調味料、酸味料、着色料、香料不使用
  • オレイン酸55%含有(脂質中)
credit_text
くせになるこだわりの「スパイス&オイルカレー」

くせになるこだわりの「スパイス&オイルカレー」

ご購入はこちら

カレーフレーク開発のきっかけ

カレーフレーク開発のきっかけ

や国民食でもあるカレーは、日本独自の発達を遂げて、ある調査では、家庭や外食を合わせると、1回/週は口にするとも言われています。

そんな国民食であるカレーは、子供から大人までが楽しめる一皿。

そこで、多くの家庭で、ママが作り置きをするNo.1レシピであると言っても過言ではありません。

自身も、家事と育児、仕事の両立をする生活の中で、野菜やお肉を手軽に摂れるカレーは、毎週月曜日の我が家の定番メニューにしています。

私の場合、週末に作り置きをし、鍋やタッパーに保存をして、週初めのバタバタする月曜日には温めるだけにしているのですが、ある日、鍋やタッパーの上に溜まる油が気になり、改めてパッケージに記載されている原材料を見て動揺を隠せませんでした。

の油は、カレーの味に深みを与える牛脂などの動物性の脂から出る「飽和脂肪酸」だったのです。

「飽和脂肪酸」と聞いて、ピンとこない方も多くいると思いますが、「飽和脂肪酸」は、別名「悪玉コレステロール」とも言われ、生活習慣病の原因です。

れをきっかけに、子供達も大好きなカレーを、医師として、母として、もっと安心して食べさせられるメニューにしたいと思い、油に徹底的にこだわったカレーフレークを開発しました。

くせになるこだわりの「スパイス&オイルカレー」

くせになるこだわりの
スパイス&オイルカレー

ご購入はこちら

こだわりポイント

医師として

回の開発のきっかけになった「オイル」。

まず前提として、カレーフレーク(カレー粉)は、フレーク自体を生成するために(固めるために)、油が必要です。

そこで、使用する油にこだわり、飽和脂肪酸を極力0にし、不飽和脂肪酸をどれだけ増やせるかが課題でした。

飽和脂肪酸は、オリーブオイルを代表する植物性の油に多く含まれており、動脈硬化や生活習慣病を防ぎます。

そこで、ベースの油はすべて、有機の植物性油を使用することにしました。

さらに、オレイン酸を50%以上配合し、課題だった「飽和脂肪酸」を限りなく0に近づけることに成功しました。

供と生活習慣病が結びつかない方も多くいらっしゃると思いますが、子供の時の食生活が、将来の食生活に繋がり、病気の発症にも影響を与えます。

また食生活を整えることで、子供達にとっては、血管に炎症が起こることを防ぎ、アレルギーや皮膚疾患の発症を防ぎます。

母として

レーは、具材や使用するスパイスによって、それぞれの家庭の味があると思います。

今回、開発の過程で牛脂などの動物性の脂を抜いたため、味にコクがなくなり、さっぱりとしてしまいました。

として、子供達に対しては「これではいけない、家族に美味しいものを食べさせてあげたい」という想いから、開発メンバーと何度も試食し、日本発祥の調味料である「味噌」を入れることで、コクをプラスすることができました。

「味噌」は、発酵食品で、腸内環境を整えます。

は、味噌汁は万能で、野菜などを一緒に食べることができるため、どんなに忙しくても毎朝味噌汁を作るようにしています。

レーの中に日本独特の味をプラスできたことで、どこか懐かしい日本の家庭の味をカレーの中に感じることができるのではないかと思っています。

くせになるこだわりの「スパイス&オイルカレー」

くせになるこだわりの
スパイス&オイルカレー

ご購入はこちら

レシピ紹介

カレーライス(友利家の場合)

カレーライス
<材料>
材料/分量(4人分)
フレーク 88g
牛肉(角切り) 150g
玉ねぎ 中2個
じゃがいも 中1個
にんじん 中1/2本
サラダ油 大さじ1
水 560ml
<作り方>
1.野菜(玉ねぎ、人参、じゃがいも)と牛肉を一口サイズに切る
2.オリーブオイルで、お肉、野菜の順番に炒める
3.お肉に半分くらい火が通ったら、水を入れ煮詰める。この時、アクを念入りに取る
4.最後にカレーフレークを入れ、隠し味に「あごだし」をひとつまみ入れたら、お皿に持って出来上がり!

カレーピラフ(友利家の場合)

カレーピラフ
<材料>
材料/分量(4人分)
お米 1.5合
フレーク 30g
牛ひき肉 150g
玉ねぎ 大1個
にんじん 1/2本
コーン お好み適量
<作り方>
1.野菜(玉ねぎ、人参)をみじん切りにする
2.研いだお米を炊飯器に入れ、いつもより少なめに水を入れる
3.そこに1の野菜、牛ひき肉、コーンを入れる。この時に、具材を入れすぎないように注意する
4.最後にカレーフレークを入れて、炊飯器のスイッチを入れる
5.炊きあ上がった後、よく混ぜ合わせれば、出来上がり!

カレーポテトサラダ(友利家の場合)

カレーポテトサラダ
<材料>
材料/分量(4人分)
フレーク 20g
マヨネーズ 適量
じゃがいも(2個)
茹で卵(1個)
ハム(3枚)
たくあん(8枚)
<作り方>
1.ゆで卵を作る
2.じゃがいもを細切りにして、茹でる
3.たくあん、ゆで卵、ハムをみじん切りにする
4.カレーフレークとマヨネーズをよく混ぜ合わせる
5.茹であがったじゃがいもに、3番と4番を混ぜれば出来上がり!
くせになるこだわりの「スパイス&オイルカレー」

くせになるこだわりの
スパイス&オイルカレー

ご購入はこちら