友利新開発メディスキン
友利新開発メディスキン・ベビー
友利新開発メディスキン・キッズ
メディスキン・フード
Online Shop
メニュー

ベビー予防スキンケアの考え方

2019年04月01日

最近、嬉しいことに周りの友人の妊娠や出産が多くあり、改めて、「ベビー予防スキンケア」について質問されることが度々ありましたので、皆さまにも今一度お伝えさせてください。

ベビー予防スキンケアは、一般的に産まれてから「胎脂」がなくなる48時間後からスタートすることをお勧めしています。

それは赤ちゃんの皮膚が薄く、細胞内で保持できる水分量が少ないため、胎脂がなくなることで、赤ちゃんの肌が外的刺激にさらされてしまうのを防ぐためには、保湿が重要になるためです。

メディスキンが提唱する「ベビー予防スキンケア」は、「洗う」と「保湿」はセットであるという考え方がベースにあります。

しかも、ガーゼなどでごしごし洗うのではなく、泡のソープで優しく包み込むように洗い、洗った後はすぐに保湿をします。

これにより、余計な皮脂まで洗い流すことなく、付着した表面の汚れのみを洗い流し、しっかり保湿をすることが可能になります。

また、保湿は2段階に分けて行ってください。

まずはローションで水分を補給し、外的刺激が肌に入らないように、バームでしっかり蓋をします。

一見、手間がかかるように思えますが、全ては皮膚炎を起こさず、健やかな肌を育成する近道なのです。

Written by 友利 新

ページトップ